特殊清掃員になるには資格が必要?

自殺や事故、事件に巻き込まれた、孤独死などが起こった部屋は、特殊清掃といって普通のハウスクリーニングとは違う作業を行わなければなりません。

この作業をするにあたり、何か特別な資格は必要なのでしょうか。

特殊清掃に関係のある資格について調べてみました。

・資格は不要

特殊清掃の仕事に就くのに、特別な資格は必要ありません。

家の中のものを運ぶためにトラックを使うのでその免許があれば誰でも就くことができます。

資格はなくても仕事ができますが、資格はないよりもある方が何かと有利になるでしょう。

・特殊清掃に関係する資格とは

特殊清掃を行うにあたっての資格は、事故現場特殊清掃士、遺品整理士などがあります。

事故現場特殊清掃士は、特殊清掃についての講習を2か月間受ければもらえる資格です。

実践練習もありません。

遺品整理士は事故現場特殊清掃士と同じように講習を2か月間受ければ取れます。

どちらもしっかり勉強していれば取得できる資格です。

・業者選びの目安に

特殊清掃の業者を探す時に、これらの資格を持つ人がいるかというのも業者選びの目安になります。

国家資格でもないのでそれほど大きな影響はないのですが、専門知識は持っているでしょうから安心してお任せすることができます。

もちろん資格を持つ人がいるから良い業者だとは限りませんが、業者選びの際に参考にすることはあると思います。

資格の他には、特殊清掃の経験が豊富な業者かどうかもチェックして選ぶようにしましょう。