普通の清掃と違う特殊清掃とは

特殊清掃というのは、自殺や事故死、孤独死、殺人現場になってしまった部屋を掃除して元通りにすることです。

体液や血液が染み込んでしまった床をきれいにしたり、死臭が残る部屋の消臭作業を行います。

・普通の清掃とは違う

特殊清掃は、ただの部屋の清掃やゴミ屋敷の清掃とは違います。

業者は自身のサイトで実際の作業を紹介していますから、確認してみると良いでしょう。

たとえば特殊清掃ネクストの作業事例、こちらを見れば現場の現実がどれ程のものなのかという事が一目でわかるかと思います。

孤独死などで死後何日か経過してから発見されたご遺体は、腐敗が進んでいます。

そのためひどい死臭とうじ虫やハエ、ゴキブリなどの害虫が発生します。

またご遺体からは血液や体液が出てしまうので床に染み込んでしまいます。

血液や体液は、普通の拭き掃除だけでは落とせません。

特別な薬品で洗浄し、また臭いもすごいのでそれを除去する作業も必要になります。

・ご遺族にはつらいこと

本来、亡くなった人が住んでいた部屋は親族などご遺族が後片付けをするものです。

もちろんやろうと思えばできるのですが、床などに血液や体液が染み込んでしまったら拭き取るだけでは落とせません。

痛ましい現場を目の当たりにしながら掃除をするのはご遺族にとってとてもつらいことなので特殊清掃を行う業者に依頼するようになってきています。

・専門家だとはやい

特殊清掃の業者に部屋の掃除を依頼すると、業者はプロですから的確な判断をしててきぱきと作業を進めてもらえます。

特殊清掃の後、ご遺族が遺品整理をすることもありますし、特殊清掃をした業者が掃除と遺品整理まで行うこともあります。

どちらでもご遺族の希望に応じて対応してもらえますので、つらいことは専門家に依頼した方が良いでしょう。